• 関連の記事

「iPhone 6」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 6」に関する情報が集まったページです。

ついに発表! 2023年を代表するスマートフォンは?
ITmedia Mobileでは、2023年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」を開催しました。2023年1月1日から2023年12月中旬までに発売したスマートフォンからノミネートした主要機種の中から、2023年のベストスマホを決定します。ノミネート数は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」のそれぞれの部門で5機種ずつ。(2023/12/31)

“金属ボディー”のスマホが減った理由 市場トレンドの変遷が素材にも影響
かつてのスマートフォンには金属ボディーのイメージが強いが、いつからかガラス製の背面に変わってしまった。メタルボディーを採用したスマートフォンは、主に2012年から2016年ごろにかけて流行した。(2023/12/6)

Pixelスマホの“7年アップデート保証”が与える影響 iPhone並みの長寿に?
Pixel 8と8 Proでは、7年間のアップデート保証を打ち出したことも大きな話題となっています。スマホを頻繁に買い替えない人にとって、1台を長く使えることは大きなメリットとなります。海外での各種法令への対応も背景にありそうです。(2023/10/28)

「ファブレット」がスマホ市場から消えたワケ 時代を彩った名機とともに考える
スマートフォンのディスプレイは大型化しており、今や6型のスマホは当たり前になりつつある。その一方で、より大きなディスプレイを備えた、いわゆる「ファブレット」と呼ばれる端末はほとんど見かけなくなった。ファブレットが生まれた背景と、消えた理由を考えたい。(2023/10/25)

「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた
iPhone 15発表の裏で、iPhone 13 miniの販売が終了した。小型スマホ派はどこに行くべきか、乗り換えの選択肢を考える。(2023/9/29)

「新型iPhoneと文鳥の比較表」の「iPhone 15」版公開 USB Type-Cすら不要な文鳥が圧倒
USBの代わりに、飼い主と粟穂でつながります。(2023/9/14)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 15(仮)」は標準モデルも4800万画素カメラ搭載か Proの進化は2024年までお預け?
9月に発表されるであろう新型iPhone。今回はカメラのうわさについて紹介します。iPhone 15(仮)シリーズでは、iPhone 15/15 Plusの標準モデルも4800万画素に進化。広角カメラ(メインカメラ)には、ソニー製の新しい積層型CIS(CMOSカメラ)が採用される可能性があります。(2023/8/29)

ついに「iPhone 8」のOSバージョンアップ打ち切り これから“安いiPhone”を選ぶならどれ?
Appleが2023年秋にリリースする「iOS 17」では、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」が対象外となった。iPhone 8といえば、中古市場ではいまだ売れ筋のモデル。中古市場にどんな影響があり、今後安いiPhoneを買うとしたら、どれを選べばいいのか。(2023/6/6)

いろんなスマホをプレス機でバキバキに! 加圧耐久テストしてみたら煙まで噴出する事態
爆発オチになるかとひやひや。(2023/5/25)

Apple製品の積極的な悪用に警告 CISAがアップデートを推奨
CISAはApple製品に存在する3つの脆弱性がアクティブに悪用されているとして警告を発した。(2023/5/24)

iPhoneやApple Watchで「タッチ決済」を使う方法 どういうメリットがある?
最近よく耳にする「タッチ決済」。コンビニエンスストアを中心に使える場所も増えていますが、どうやって使い始めればいいのでしょうか。iPhoneやApple Watchの場合の使い方や注意点を紹介します。(2023/4/28)

3年前の「iPhone SE(第2世代)」は今でも満足できる? 中古で購入して検証した結果
新品のスマートフォン、特にiPhoneは価格が高騰していることから、中古での購入を検討している人も多いだろう。中古市場でも売れ筋となっている「iPhone SE(第2世代)」が、実際にどの程度利用できるのかを検証した。現在もスペックは必要十分だが、やや物足りない点もある。(2023/3/31)

Apple、「iOS 16.4」配信 新絵文字や通話音声改善など新機能多数
Appleは「iOS 16.4」の配信を開始した。Wi-Fiマークなど21の新しい絵文字が追加される。「音の分離」のセルラー通話対応や30件以上のセキュリティ修正もある。(2023/3/28)

2022年度の中古スマホ年間販売数 3位「iPhone 7」、2位「iPhone SE(第2世代)」、1位は?
Belongは、「2022年度の中古スマホ/機種別販売数年間ランキング」を発表した。(2023/3/27)

中古スマホで世代交代、iPhone SE(第3世代)が初の1位に にこスマ2月のランキング
にこスマが、2023年2月の中古スマホ販売/買い取りランキングを発表。販売ランキングでは約2年間にわたり1位だったiPhone 8が後退し、iPhone SE(第3世代)が初めて1位にランクインした。(2023/3/7)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
プロ絵師が「iPad Pro 2022」をレビュー! 「ホバー以外に得るものがなく、ホバーのために得る価値がある」という境地に至った理由
イラストレーター refeiaさんの連載第5弾は、Appleのハイエンドタブレット「12.9インチiPad Pro」です。ようやく実装されたホバー機能はイラスト作成に寄与するのでしょうか?(2023/3/2)

2022年に最も売れた中古スマホ 3位「iPhone SE(第2世代)」、2位「iPhone 7」、1位は?
ニューズドテックは、2022年の1年間の「中古スマホ販売数ランキング」を発表した。(2023/2/23)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 10/11でスタート画面やUWPアプリが開かない問題発生
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月22日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/1/29)

HomePod(第2世代)は初代から何が変わったのか? スペックを見比べて分かったこと
Appleは、第2世代となる「HomePod」を2月3日に発売します。Appleは「まったく新しいHomePod」とアピールしているものの、見た目はほぼ同じ。一部では仕様が劣化しているのでは? とも思える部分もありますが、どのあたりが進化したのでしょうか。(2023/1/27)

古いApple製品に脆弱性の報告 Webサイト閲覧で情報窃取の可能性も
Appleは「iPhone 5s」や「iPhone 6」といった既にサポートが終了している古いiPhoneの脆弱性が広く悪用されているとして緊急のアップデートを提供した。この脆弱性を悪用されると、任意のコードが実行される恐れがあり注意が必要だ。(2023/1/25)

コンビニ決済に対応した格安SIM「誰でもスマホ」 音声かけ放題で月額3278円から
アーラリンクは、格安スマホ「誰でもスマホ」を提供開始。身分証があれば、クレジットカードや銀行口座がなくてもコンビニ決済で契約できる。月額料金は、音声通話かけ放題とデータ容量1GBで3278円(税込み)から。(2023/1/17)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
iPhoneだけではない、アップルジャパン140億円追徴課税の裏で暗躍する中国人転売ヤー
22年12月、アップルジャパンが消費税を追徴課税されたと報じられた。免税の対象にならない「転売目的の購入」を見抜けなかった責任を問われたとみられている。取り締まる当局と転売ヤーのいたちごっこはこれまでも繰り返されているが、今後、中国人転売ヤーはどうなるのだろうか。(2023/1/12)

中古スマホ通販、2022年の販売数1位は「iPhone 8」 みんなのすまほ集計
ニューズドテックは1月10日、中古スマホ通販サイト「みんなのすまほ」の2022年販売ランキングを公開した。上位3位を「iPhone」シリーズが占め、「AQUOS」シリーズや「Xperia」シリーズが並んでいる。(2023/1/10)

ついに発表! 2022年を代表するスマートフォンは?
2022年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」の結果発表。2022年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。審査員の配点とコメントを紹介します。(2022/12/31)

iPhoneの初期設定で「やってはいけないこと」 気付かずに“身バレ”している可能性も
iPhoneの初期設定でやってはいけないことを紹介します。初期設定ではiPhone本体の名前は、AppleIDに登録した名前がつけられますが、そのままだと危険かもしれません。AirDropの受信許可を「すべての人」にすることもオススメできません。(2022/12/23)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのiPhone補償サービスは値上がりした? 最新動向まとめ
サブスクリプションサービスの中には、端末の破損や紛失などを補償するサービスも存在する。今回はMNOキャリアが実施している、iPhoneの補償サービスを紹介する。(2022/12/19)

Apple、「iOS 16.2」「iPadOS 16.2」配信 カラオケアプリやステージマネージャの外部ディスプレイサポート
AppleはiPhoneやiPad、Macなどの今年最後とみられるアップデートを配信した。iPhoneとiPadではカラオケ機能「Apple Music Sing」が利用可能になる。共有ホワイトボード「フリーボード」も追加された。(2022/12/14)

南海電鉄車両のスマホケース発売 60周年の「南海6000系」などを採用
1962年に運行を開始した南海電鉄の車両「南海6000系」などのスマホケースが発売した。iPhoneだけでなくAndroidシリーズ各種に幅広く対応しており、鮮やかな青とオレンジのストライプが特徴的な外見を再現している。(2022/12/6)

iPhone 6sが大きくランクアップ ムスビーの11月中古スマホランキング
ムスビーは、2022年11月中古スマホ/タブレットランキングを発表。総合ランキングのトップ3は前月と変わらず、iPhone 7やiPhone 6sがランクアップしている。(2022/12/6)

auとUQ mobile、SIMのみ契約の「持ち込み故障サポート」開始 交換機種を最短当日配送
KDDIは、SIMのみ契約時にスマートフォンの故障などのトラブルを保証する「持ち込み故障サポート」を提供開始。利用料金は月額715円(税込み)からで、交換用の機器を最短で当日中、原則申込完了の翌日に届ける。(2022/11/14)

iOSアップデート終了も、iPhone7/6sの中古価格が上昇 ニューズドテックの10月ランキング
ニューズドテックは、2022年10月度の中古スマホ販売数ランキングを発表。新品に近い端末の販売もあり前年同期比で販売価格が152%上昇し、販売数も同103%となった。(2022/11/9)

2万円台のiPhone 8が1位を維持 にこスマの10月中古販売ランキング
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年10月の中古スマホ販売/買取ランキングを発表。それぞれiPhone 8やiPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)が好調な一方、価格の安さ重視がより顕著になっている。(2022/11/8)

Androidスマートフォンの“寿命”がiPhoneよりも短い理由
今回はスマートフォンをとりまくOSアップデートの実情、新たな取り組みについて考察する。AndroidスマートフォンのOSアップデートがiPhoneよりも少ない背景には、検証コストやプロセッサのサポート期間がある。そのAndroidスマートフォンでも、OSのアップデート長期化の流れも見え始めている。(2022/10/27)

中古スマホでiOS 16サポート外端末が“なだらかに減少” ゲオの9月ランキングより
ゲオストアが「【月間ランキング】9月ゲオ中古スマートフォンランキング」を発表。販売ではiPhone 8やiPhone 7が上位にランクインし、iOS 16サポート外の端末が急速に落ち込むと予測していたがなだらかな減少傾向となった。(2022/10/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
なぜ「iPhone 14 mini」がなくなって「iPhone 14 Plus」が出たのか 実機を触って分かったこと
他のiPhone 14ファミリーから遅れること2週間、まもなく「iPhone 14 Plus」が発売される。iPhone 12ファミリーから登場した「mini」ではなく、大画面の「Plus」が登場したのはなぜなのだろうか。実機を使いつつ考察してみた。(2022/10/6)

バスの置き去り、AIが監視 各社から相次ぎ登場 「人の注意力だけでは限界」
送迎バスの車内に取り残された園児が熱中症で死亡した事件を受け、様々な企業が置き去りを防止するシステムの開発に乗り出した。(2022/10/5)

PR:「今のスマホは高い!」と嘆いている人にオススメしたいリユーススマホ(中古スマホ) iPhoneもお得に買えます
2022年現在、円安情勢も影響して20万円を超えるハイエンドスマートフォンも珍しくなくなってきた。そこでオススメしたいのが、リユーススマホ(中古スマホ)だ。今回はゲオモバイルの店舗にて、リユーススマホを購入する方法や、手持ちのスマホを買い取りに出すメリットについて紹介する。(提供:ゲオ)(2022/9/21)

iPhoneやMacに脆弱性 直ちにアップデートを
Appleが最新のセキュリティアップデートの配信を発表した。iOSやiPadOS、macOS、Safariなどが対象だ。既に悪用が確認されているゼロデイの脆弱(ぜいじゃく)性も含まれており、該当するデバイスを使用している場合は直ちにアップデートの適用が望まれる。(2022/9/15)

文鳥しか勝たん! 恒例「新型iPhoneと文鳥の比較表」が2022年も文鳥の圧倒的勝利だった
iPhone 14と比べて独自機能が盛り盛りの文鳥さん!(2022/9/9)

「iPhone 14」シリーズ徹底比較 iPhone 13と何が変わったかチェックしてみた
米Appleが9月7日(米国時間)に「iPhone 14」シリーズを発表した。6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2022/9/8)

「iPhone 14/14 Pro」は何が進化した? iPhone 13シリーズとスペックを比較する
「iPhone 14/14 Pro」が「iPhone 13/13 Pro」から進化したポイントをまとめた。iPhone 14とiPhone 13の違いは乏しく、マイナーアップデートといっても差し支えない。iPhone 14 Proはプロセッサ、ディスプレイ、カメラが大きく進化した。(2022/9/8)

「iOS 16」は9月13日に配信
Appleは新製品発表イベントに合わせ、次期モバイルOS「iOS 16」の既存モデルへの配信開始日を発表した。9月13日(火)。「iPhone 8」および「iPhone SE(第2世代)」以降のモデルでアップデート可能だ。(2022/9/8)

古いiPhoneやiPad、iPod touchが緊急のアップデート 脆弱性が既に悪用されている
Appleのサポートが終了している古いiPhone、iPad、iPod touchに対して緊急のアップデートが提供された。脆弱性が確認され、深刻度の高い攻撃が確認されている。(2022/9/3)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 14(仮)」のカメラはProのみがアップグレード? 4800万画素に?
iPhoneといえばカメラ性能もよく話題になりますが、次期iPhone 14(仮)ではそのカメラがどうなるのでしょうか。iPhone 14/Maxについては、現行モデルから特に大きな変更はなさそうで、1200万画素の広角と超広角になる様子。一方で、Pro/Pro Maxについては、メインの広角カメラが4800万画素になるとの予想が出ています。(2022/8/26)

iPhone、iPad、Macで脆弱性が発見 直ちにアップデートを
Appleではサイバーセキュリティ犯罪者によって任意のコードが作成されるサイバー攻撃が確認されており、デバイスが乗っ取られる危険性がある。既に配布された修正アップデートを確認して実行しよう。(2022/8/22)

iOS 16の足切りが厳しくなったその理由 納得はできるがそれでも望むこと
iOS 16では、iPhone 7/7 Plus とSE(初代)、さらには春まで販売していたiPod touchが切り捨てられる。その理由を考えてみた。(2022/8/12)

Mobile Weekly Top10:
イギリス生まれの「Nothing Phone(1)」はどんなスマホ?
中国OnePlusの共同創業者が、イギリスで新たに立ちあげた「Nothing Technology」。その第2弾製品として、同社は初のスマートフォン「Nothing Phone(1)」を投入します。日本でも発売されることになりましたが、果たしてどんなスマホなのでしょうか……?(2022/7/23)

iPhone 7の“iOS 16対象外”で中古スマホ市場はどう変わる?
2022年秋にリリースされる「iOS 16」は、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 PlusとiPhone SE(第1世代)が対象外となった。中でもiPhone 7は、ホームボタンを搭載した中古iPhoneとしていまだに人気が高い。そんなiPhone 7のOSアップデートが打ち切られることで、中古市場にどのような影響が出るのだろうか。(2022/7/21)

iOS 16の対象外となったiPhone 6s/7/SE(第1世代)、どのiPhoneに乗り換えるべき?
iOS 16の対応機種は「iPhone 8」「iPhone SE(第2世代)」以降となり、iOS 15までは対応していた「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone 7」「iPhone SE(第1世代)」が非対応に。セキュリティアップデートが提供されないという点を考えても、乗り換えは検討しておきたいところです。(2022/7/18)

中古iPhone 7の価格が下落、iOS 16対象外の影響で にこスマの6月ランキング
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年6月の中古スマホ/機種別販売数のランキングを発表。上位3機種は「iPhone 8」「iPhone 7」「iPhone 6s」で変わらないが、iPhone 7は価格が下落している。(2022/7/6)

PR:ゲオで「iPhone SE2とiPhone Xが1円」!? 初心者にもオススメ、スマホ高騰時代に選びたい中古iPhoneを3分解説 〜店舗にも行ってみた〜
半導体不足×円安時代、大幅に高騰する恐れのiPhone相場に救世主……!?(提供:ゲオ)(2022/6/30)

FGO、iOS10のサポート終了へ ゲームエンジンを「Unity2020」に
ラセングルが、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」(iOS/Android)の対応OSを、9月上旬に更新する。iPhoneでは、推奨OSをiOS 13.0以降に、対応OSをiOS 11.0以降に変更。これまで推奨OSはiOS 11.0以降、対応OSはiOS 10.3以降だった。(2022/6/27)

【音量注意】iOSのTwitter更新音が“超絶爆音”になる現象が一部で発生中 対策は設定から効果音を消すこと
音自体を直す方法は現時点では不明です。(2022/6/13)

PR:格安SIMの猛者が「IIJmio」を使い続ける理由とは? ディープな使い方を披露
ITmedia Mobileでは、IIJと一緒に「IIJmioのディーブな使い方を語る会」の募集を掛けたところ、6人の現役ユーザーにお集まりいただいた。話を聞いたところ、皆さん、IIJmioや他社も含めて複数回線持ちは当たり前の猛者ぞろい! なぜIIJmioを契約しているのか、どんな使い方をしているのか、お話を聞いた。(2022/6/14)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 6s」「iPhone 7」「iPhone SE(第1世代)」にお疲れ様を
(2022/6/11)

「WWDC22」まとめ M2搭載MacBook Air/Pro、iPhoneがMac用Webカメラ化、Mac値上げショック
米Appleが6月6日から(現地時間)開催している開発者会議「WWDC22」。新型「Macbook Air」やiOSの新バージョンなど、ハード・ソフト問わずさまざまな発表があった。ITmedia NEWSで公開した記事を基に、WWDC22の発表内容をまとめる。(2022/6/7)

WWDC22で発表された「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」を5分でおさらい
米Appleが6月6日(現地時間)に開発者向けカンファレンス「WWDC22」で発表した「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」の概要をまとめた。iOS 16はロック画面が大幅にアップデート。iPadOS 16はmacOSに近い形態で使えるようになる。(2022/6/7)

Appleが新バージョンOS「iOS 16」発表 iPhone 7や初代iPhone SEがついに非対応に
iOS 16はiPhone 8以降に対応します。(2022/6/7)

「iOS 16」はiPhone 8以降に対応 iPhone 7、初代SEなど対象外に
Appleは6日(米国時間)、iPhoneの次期OS「iOS 16」を正式に発表した。iOS15を提供していた端末のうち、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone SE(初代)などは対象外に。(2022/6/7)

「iOS 16」はiPhone 8以降が対象 iPhone 6s/7と初代SEは外れる
Appleは7日、「iOS 16」を正式に発表。2022年秋に一般提供を開始すると案内した。iPhone 8以降のモデルが対象となり、iPhone 7や初代iPhone SEはアップデート対象から外れた(2022/6/7)

Apple Watch用の新バンド「プライドエディション」2種登場 動く仕掛けの文字盤も
Appleは、Apple Watch用の新しいプライドエディションバンドを5月26日に発売する。毎年6月のプライド月間(LGBTQ+の権利や文化に目を向け、その啓発を促す月間)を迎えるにあたり、Appleが新たに用意したもの。柄や色が異なる「スポーツループバンド」「Nikeスポーツループバンド」の2タイプあり、全てのApple Watchに対応する。(2022/5/25)

【漫画】7年使い続けたiPhone 6sを機種変更中、ふいに褒められて「うれしいっ」 店員の優しい一言にほっこりする
これはうれしいなあ。(2022/5/15)

5月31日まで「Apple Trade In」が下取り増額 iPhone 12 Pro Maxなら最大8万円
Appleの「Apple Trade In」が対象端末の下取り額を増額。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchが対象で、iPhone 12 Pro Maxなら最大8万円で下取りする。(2022/5/11)

いつでもおけいはん気分に 京阪8000系/5000系のスマホケース発売
先日引退した5000系はトップナンバーをデザイン、8000系はプレミアムカーが連結された現在の姿を再現。(2022/5/6)

Twitterで右上の“メディア欄”が消えたの声 不具合かアップデートによるものか問い合わせ中
タイムラインの「メディア」ではありません。(2022/4/17)

iOS 11の一部iPhoneで4G使用不可に ソフトバンクとY!mobileがアップデートを呼びかけ
iOS 11を搭載した一部のiPhoneと一部エリアで4G回線が使えなくなるとして、ソフトバンクとY!mobileが各ユーザーに注意を呼びかけている。iOS 12以降にアップデートすればSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEを継続利用できるともいう。2月にも同じ内容をアナウンスしていたが、案内文の一部を案内当初の「4月以降に順次、利用できなくなる」から「6月以降に順次、利用できなくなる」に改めた。(2022/4/15)

iPhone6以前で突然Twitterが利用不可能に ユーザーから悲鳴、Twitter社は「端末とアプリのアップデートを推奨」【※追記】
「詰んだ」「どうすればいいの」など絶望する声も。【※追記】(2022/4/1)

「iPhone SE(第3世代)」は買いか? iPhone 13 ProやSE(第2世代)と使い比べて分かったこと
発売されたばかりの「iPhone SE(第3世代)」を購入した。先代の「iPhone SE(第2世代)」や、よりスペックの高い「iPhone 13 Pro」と比べてどうか。実際の使い勝手や性能、現在のiPhoneラインアップで購入すべきモデルなのかについて検証した。(2022/3/30)

間もなくauの3Gサービスが終了、あらためて注意点を整理 “ケータイ”を使うには?
auの3Gサービスが2022年3月31日に終了する。どんな機種が使えなくなるのかをあらためて整理。実はスマートフォンでも一部の機種が4月以降は使えなくなる。(2022/3/27)

iPhoneとiPadのOSが「15.4」に iPhoneはマスクを着けたままFace IDを利用可能に
Appleは一連のOSをアップデートした。「iOS 15.4」でマスク着用のままFaceIDが利用可能になる。「iPadOS 15.4」「macOS Monterey 12.3」で「ユニバーサルコントロール」を使えるようになる。(2022/3/15)

iPhone SE第3世代登場、8000円値上げのワケ
アップルは3月9日早朝、「iPhone SE」第3世代など複数の製品を発表した。注目は発表前からうわさのあったiPhone SEだ。従来と同じデザインに、最新チップを搭載したのは事前の予想通りだが、価格は5万7800円と8000円ほどの値上げとなった。(2022/3/9)

ソフトバンク、iPhoneとAndroidでSIMの流用が可能に 2022年夏をめどに
ソフトバンクSIMは独特な仕様で、差し替えただけでは通信しない場合があるのをご存じだろうか? その仕様を廃止すべく、ソフトバンクがAndroidとiPhoneでSIMカードを差し替え利用できるよう、準備を進めている。2022年夏をめどに制限を撤廃する。(2022/2/21)

「極寒でもスマホを使いたい」ときにオススメのケース 自作もできる!
寒い日にはスマホのバッテリーが減りやすい、という記事の続編。温かい部屋から持ち出すときにスマホが結露してもよくないし、使い捨てカイロなどであたためるのもNG。ならば、スマホの防寒対策をしよう。有用に見えるグッズを数点紹介する。(2022/2/17)

PR:データから見る子どものスマホ問題 トーンモバイルならまとめて解決します!
子ども向けのスマートフォンを検討しているが、どの通信サービスや端末を選んでいいか、悩んでいる人も多いだろう。そしてスマホの購入後、子どもが安全に使う上で気を付けるべき点も多い。そんな子ども向けスマートフォンにまつわる問題を解決するサービスと端末を紹介したい。(2022/2/17)

「iOS」と「iPadOS」の「15.3.1」配信開始 悪用された可能性のある脆弱性の対処など
Appleは「iOS」と「iPadOS」の「15.3.1」をリリースした。「悪用された可能性があるという報告」のあるWebKit関連のゼロデイ脆弱性の修正を含む。MacOSでも同じ脆弱性を修正するアップデートがリリースされた。(2022/2/11)

iPhone Tips:
iPhoneの文字入力中に好きな場所へカーソル移動する方法
iPhoneの「メモ」などで長いテキストを入力していると、ふと間違いに気付くことがある。ミスにすぐ気付いたならいいが、いま入力している場所から遠いと書き直すのが面倒だ。そんなときには「空白」を長押しするといい。(2022/2/11)

iPhone Tips:
iPhoneのテキストを“ドラッグ&ドロップ”でコピペする方法
iPhoneで文章をコピペするとき、「選択」「コピー」「ペースト」などと複数回タップするのが面倒なシーンがあるだろう。そんなときは触覚タッチを活用すると比較的手軽に操作できる。(2022/2/9)

次期iPhone 14 Pro用4800万画素センサー、ソニーとTSMCが製造か 日本のJASMでも生産?
ソニーとTSMC、次期iPhone 14 Pro用有効4800万画素積層型CMOSイメージセンサーを製造か、と工商時報が報じている。(2022/1/25)

iPhone 13が「2021年のベストスマホ」に選ばれなかった決定的理由
ITmedia Mobileで実施したスマートフォン・オブ・ザ・イヤー2021では、iPhoneが1機種もノミネートされませんでした。2011年から10年以上実施しているスマートフォン・オブ・ザ・イヤーでは初のこと。まさかの選外になった理由を考察しました。(2022/1/19)

中古スマホ販売「にこスマ」の2021年12月ランキング iPhone SE(第2世代)が2位に
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年12月の中古iPhone/機種別販売数ランキングを発表。iPhone 8が9カ月連続で1位となり、iPhone SE(第2世代)がiPhone 7を抜いて2位にランクアップした。(2022/1/13)

ついに発表! 2021年を代表するスマートフォンは?
2021年1月から2021年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2021」。2021年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。選考委員は、ハイエンド部門とミッドレンジ部門で各25点の持ち点を配分して投票します。(2021/12/30)

「UQ mobile」「povo2.0」に変えるとauのサービスや割引はどうなる? 注意点まとめ
auユーザーが通信料金を抑えたいなら、サブブランドの「UQ mobile」か、オンライン専用ブランド「povo」に乗り換えることが選択肢に挙がります。auからpovo2.0やUQ mobileに変更すると、何が変わるのでしょうか。割引サービスの変更点や、必要な手続きなどを解説します。(2021/12/26)

Apple Watchに“独立”した電話番号――auの「ウォッチナンバープラン」が他社回線ユーザーの申し込み対応を拡大 全てのauショップで受け付け
KDDIと沖縄セルラー電話がApple Watch向けに提供している「ウォッチナンバープラン」について、au携帯電話を契約していないユーザー向けの契約受付窓口が拡大される。12月21日以降は、全てのauショップとau Styleで申し込めるようになる。(2021/12/21)

ゲオの2021年中古スマホ年間ランキング 販売/買取で「iPhone 8」がトップ3を独占
ゲオストアは、12月10日に「2021年ゲオ年間中古スマートフォン販売/買取数量ランキング」を発表。総合ランキングでは販売/買取ともに「iPhone 8」がトップ3を独占した。(2021/12/10)

auの「CDMA 1X WIN」が2022年3月31日をもって終息 VoLTE“非対応”の「au 4G LTE」「UQ mobile」音声端末も
au(KDDIと沖縄セルラー電話)の3Gサービス「CDMA 1X WIN」の終了日が2022年3月31日に決まった。VoLTEに対応しない「au 4G LTE」「UQ mobile」の音声端末についても、同日をもってサービスを終了する。(2021/11/29)

スマホの「アップデート」はなぜ必要? アップデートしたくない理由は?
スマートフォンを使っていると必ず経験するであろう“アップデート”。中でもOSのアップデートは動作が遅くなったり、一部アプリが使えなくなったりするなど、ユーザーにはデメリットとなることもあるが、それでもなぜアップデートをする必要があるのだろうか。(2021/11/28)

買い替えは「iPhone 13」より特価「SE」や「12 mini」? 秋冬の目的別iPhone購入術
9月に「iPhone 13」シリーズが発売されたが、指紋認証を搭載しなかったiPhone 13の128GBモデルでもApple Storeでは9万6800円と、少々割高に感じるのが現状だ。では、どうiPhoneを購入すればお得なのか? 旧モデルの購入も視野に入れながら考えた。(2021/11/13)

販売も買い取りも「iPhone 8」が1位に ゲオの中古スマホ10月ランキング
ゲオは、11月9日に「ゲオ中古スマートフォン10月月間ランキング」を発表。買い取りランキングでは3キャリアで「iPhone 8」が1位となり、SIMフリー端末では引き続き販売/買い取りで「iPhone SE(第2世代)」が1位を獲得した。(2021/11/9)

「にこスマ」の中古iPhoneランキング、10月はiPhone SEが上位に
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年10月の中古iPhone/機種別販売数ランキングを発表。iPhone SE(第2世代)64GBモデルがランクアップし、初のトップ5入りとなった。(2021/11/4)

Apple、HomePod miniの追加カラーモデルを販売開始 3色追加で5カラーに
イエロー、オレンジ、ブルーが加わった。(2021/11/2)

トーンモバイルがドコモの「エコノミーMVNO」へ参画 iPhone専用SIMをドコモショップで販売
フリービットは、NTTドコモが発表した「dポイントを活用したエコノミーMVNO」へ合意。これに伴い、ドコモショップで「トーンモバイル for docomo(仮称)」の取り扱いを開始する。(2021/10/7)

iPhone移行でApple Watchのペアリングに失敗したときの対処方法
Apple Watchをペアリングできないやっかいなトラブル。解決方法は?(2021/9/28)

「iOS 12.5.5」セキュリティ更新 「積極的に悪用された可能性がある」脆弱性に対処
AppleがiPhoneの旧モデル対象のセキュリティ更新をリリースした。「iOS 12.5.5」は3つの脆弱性に対処する。いずれも“既に悪用された可能性のある”ものだ。(2021/9/24)

iOS 15で新たに足切りされるiPhoneはないが…… 新機能に対応するiPhoneモデルまとめ
iPhone 6s以降が対象機種となっているiOS 15だが、機能によっては対象機種がさらに限定されている。(2021/9/21)

「iOS 15」「iPad OS 15」「watchOS 8」の配信開始 脆弱性修正も
Appleが「iOS 15」「iPad OS 15」「watchOS 8」の配信を開始した。「FaceTime」にApple製品以外からも参加できるようになるなどの新機能が使えるようになる。また、22件の脆弱性にも対処した。(2021/9/21)

「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」が9月21日に配信開始
Appleが、iPhone向け「iOS 15」、iPad向け「iPadOS 15」、Apple Watch向け「watchOS 8」を9月21日に配信開始する。iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる。iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。(2021/9/15)

「iPhone」「iPad」「Mac」に複数の脆弱性 すでにサイバー攻撃を確認済み
「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple Watch」など複数のApple製品に脆弱性が発見された。すでにこれらの脆弱性を利用したサイバー攻撃が確認されているため、迅速にアップデートをしてほしい。(2021/9/15)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
初代「iPhone」から「iPhone 12」まで歴代iPhoneを撮り比べ 14年間でどれだけ進化した?
2007年に海外で初代「iPhone」が発売されて、2021年9月15日にはついに新型iPhoneがお披露目されるかもしれない。というところで、初代から購入を続けてきたiPhoneシリーズのカメラ性能を一挙におさらいする。(2021/9/13)

povoの乗換方法も:
刷新したUQ mobileのプランとpovoはどちらがお得? 20GBで月額2728円プランを比較
UQ mobileは夏から9月2日にかけて段階的に料金プランを刷新し、auからより乗り換えやすくなった。オンライン専用プラン「povo」もあるが、UQ mobileの方がサービス面は充実している。povoは、使い放題24時間などのトッピング(オプション)をうまく活用できる上級者向けサービスという側面が強い。(2021/9/8)

ムスビーの8月中古スマホランキング iPhone XRがランクアップ
ムスビーは、2021年8月中古携帯/スマホランキングを発表。総合トップ3に変動はなく、Android限定ランキング1位は前月2位の「Xperia Ace II SO-41B」が獲得し、ソフトバンクの「Google Pixel 3a XL」が3位にランクインしている。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。