• 関連の記事

「ホームセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホームセンター」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

22店舗でスタート:
東広島市に「ゆめモール西条」がオープン、23年秋には?
スーパーを展開しているイズミは2022年秋、東広島市西条町に「ゆめモール西条」をオープンすると発表した。(2022/8/5)

セブン&アイ、アイリスオーヤマの事例にみる間接材購買の「ガバナンス強化」と「自由な購買」の両立
あなたの会社では従業員の立替精算を処理するために多くの時間を費やしていないだろうか。会社のガバナンスが及びづらい間接材購買は、購買部門や経理部門に承認や精算処理の負担がかかるだけでなく、使途不明な立て替えや割高な価格での購入を防ぎづらい構造にある。Amazon Businessはこれらの課題をどのように解決するのか。導入事例を見ていこう。(2022/8/5)

11月8日オープン:
「恵比寿ガーデンプレイス」がグランドオープン ホームセンター「DCM」体験型も出店
「恵比寿ガーデンプレイス」の商業棟「センタープラザ」を11月8日にグランドオープンする。恵比寿で暮らす、働く人がより利用しやすい環境を整えていく。「ザ・ノース・フェイス」やホームセンター「DCM」の体験型新業態が出店。(2022/8/3)

日よけ設置に補助金──「日本一暑い街」埼玉県熊谷市の暑さ対策事業がユニーク
連日の猛暑が続く中、各社がさまざまな暑さ対策グッズを販売している。それは行政も同様だ。「日本一暑い街」として知られる埼玉県熊谷市は、住宅用日よけの設置費用を一部補助する事業や、小学生にクールスカーフの配布などユニークな政策を行政サービスとして市民に提供している。(2022/8/3)

3業態を1つに:
グループ最大級の規模 「綿半スーパーセンター上田店」がオープン
綿半ホールディングスは8月4日、長野県東信エリアに「綿半スーパーセンター上田店」を新規出店する。店の特徴は……。(2022/8/2)

京阪沿線が強く:
梅田駅「30分圏内」家賃が安い駅 5位「四条畷」、3位「大和田/武庫川団地前」、1位は?
リクルートは「梅田駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング」を発表した。その結果、大阪府東部の寝屋川市に位置する「寝屋川市駅」と「萱島駅」がいずれも家賃相場3万7000円で同率1位となった。(2022/7/28)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンの新しい返品方法 お金を返し、商品は回収しない──なぜ?
米国は、日本に比べて返品OKの小売店が多い。米アマゾンなどの大手小売りでは、返金するのに商品は回収しない「Keep it」という新しい返品方法が進められている。なぜ、このような手法を取るのか?(2022/7/28)

SUUMOジャーナル調べ:
「梅田駅」30分圏内、中古マンション価格が安い駅 3位は南森町、2位は日本橋、1位は?
リクルートは、ニュースサイト「SUUMOジャーナル」(スーモジャーナル)で「梅田駅まで30分以内、中古マンション価格相場が安い駅ランキング」を発表した。その結果、「シングル向け」1位は「谷町四丁目」、「カップル・ファミリー向け」1位は「出来島」だった。(2022/7/20)

知らないと損?業界最前線:
「NHK受信料不要」で爆売れ チューナーレスが変えた「テレビ」の意味
昨年末以来、チューナーレステレビが注目を集めている。以前からPC用など、テレビチューナー非搭載の製品は販売されていた。注目の製品は比較的低価格ではあるが、これまでと何が違うのか。いくつかのキーワードが見えてくる。(2022/7/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
手製の銃=3Dプリンタ製と短絡的に考えるのそろそろやめませんか?
根拠もないのにその可能性を報じることに違和感を覚えました。(2022/7/12)

テレワークでも役立つ、スマホ連携CO2センサーや温湿度センサー +Styleの新製品発売
+Style(プラススタイル)は、スマート家電と連携するCO2センサーなど3製品を発売した。一部のスマート家電では、Amazon.co.jpと連携して自動でセットアップを行う「簡単セットアップ」も導入された。(2022/7/7)

子育て支援の手厚い街が上位に:
富山県の住み心地がいい街 2位は滑川市、1位は?
大東建託は、富山県の居住者4600人を対象に居住満足度調査を行った。(2022/7/2)

キャットウォークならぬハムスターウォークを作った飼い主 机の上を爆走する光景に「すっげぇ」「アトラクションみたい」
とっとこ走ってる!(2022/6/18)

もはや目が回るレベル……! 爆速で回る理容室のサインポールに「おー速っ!」など驚く声多数
モーターを変えたところ爆速になったそう。(2022/6/16)

読む頻度は:
「新聞の折り込みチラシ」読まれているのは? 1位「スーパー」、2位は?
新聞の折り込みチラシは、どのような内容がよく読まれているのだろうか。折り込みチラシを読んでいる人に聞いた。(2022/6/13)

お気に入りの文具:
「こだわりのある文房具」1位は? 1万人に調査
リサーチ会社のマイボイスコムは、文房具に関する意識調査を行った。こだわりのある文房具の1位は……?(2022/6/8)

Tシャツ・ジーパンで働ける:
ニトリが本気で作った「働きやすいオフィス」とは? デジタル人材1000人化への第一歩
ニトリHDは、デジタル事業を担う新会社・ニトリデジタルベースのオフィスを発表した。このオフィスを拠点に、現在は350人ほどのデジタル人材を、2032年までに1000人規模へと増員する方針だ。「働きやすさ」を重視して作ったというこのオフィスには、どのような特徴があるのか?(2022/6/8)

6月30日:
埼玉県に「イオンタウン毛呂山」オープン “レジ待ち”がなくなるアプリも提供
6月30日に埼玉県毛呂山町に「イオンタウン毛呂山」をオープンする。来客者数の目標は年間280万人で、平日7000人、休日9000人の来客を見込む。アプリやネットを活用した新しい買い物体験を提案していく。(2022/6/6)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「世界一まずいカップ麺」をレポートする
感想「俺たちは情報を食っているんだ」(2022/6/4)

「人の名前が覚えられなさすぎて仕事をクビになったことがある」→しかし夫は…… 苦悩と驚きを描く漫画に共感の声
対処法を探しても、なかなか難しい。(2022/6/2)

一線引かない:
「その発想はなかったわ」 コーセーの“化粧をしないITリーダー”が、オンライン接客を開発して気付いたこと
コーセーは、昨年からオンラインでメークやスキンケアなどのカウンセリングを行うシステムを提供している。開発プロジェクトの責任者の進藤広輔さんは、メークは未経験。店舗で美容部員が行うカウンセリングから販売までをオンライン化する中で、化粧品提案の奥深さに初めて触れた。プロジェクトでは、「その発想はなかったわ」と思うことの連続だったという。(2022/5/23)

「povo2.0」が“ほぼ0円”で使える? いつもの買い物でデータ容量がもらえる「ギガ活」のユニークさ
楽天モバイルの携帯プラン有料化で注目をあつめるのが「povo2.0」だ。楽天と同じく基本料金は0円だが、高速通信を使うには有料オプションを購入する必要がある。ただし、より安く使う手段も用意されている。それが「ギガ活」だ。(2022/5/21)

耳の聞こえないママが描く「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」に5万いいね 運命を感じる出会いにぐっとくる
運命の出会いって、きっとこういうこと。(2022/5/19)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズのDX編:
カインズ土屋会長が「慣れない英語で質問」したワケ “IT小売企業”への一歩
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、カインズの土屋裕雅会長。デジタル事業への100億円以上の投資を表明し、IT化を進めているカインズ。その背景にあった「出会い」とは?(2022/5/13)

LINEリサーチ調べ:
自宅で花を楽しむ人 「もらった」が3割
LINEが運営する「LINEリサーチ」は、自宅で見たり育てたりして楽しむ植物・花の種類などについて調査を実施し、植物・花をホームセンターで購入する人は43.6%で、最多となった。(2022/5/12)

キャスターを固定するボルトが外れる:
カインズ、スチール台車を自主回収 台座に「仕様と異なる部品」
ホームセンター大手のカインズは5月11日、「スチール台車」3商品の一部を自主回収すると発表した。(2022/5/11)

リテール&ロジスティクス:
延べ9.3万m2のカインズ専用物流施設が三重県桑名市で着工、伊藤忠商事ら
伊藤忠商事と伊藤忠都市開発は、三重県桑名市で、全国でホームセンター事業を展開するカインズ向け専用物流施設の開発を進めている。カインズでは、今回の施設を「西のマザーセンター」とし、中部エリアの店舗への配送機能と海外荷物の保管施設機能を備えるとともに、ロボット設備の導入による自動化も検討している。(2022/4/20)

ニトリ・イケア・無印……どのアプリが人気? 家具・インテリア購入は店舗よりオンラインが主流に
スパコロは、全国20〜69歳に「OMO実態調査 家具店編」を行った。家具・インテリア関連のアプリで最も高い認知率と利用率だったのは……?(2022/4/19)

部品同士のはめ込みに不具合:
カインズ、「ハムスターホイール」を自主回収 ハムスターの手足が挟まる恐れ
ホームセンター大手のカインズは4月14日、ペットのハムスター向け用品の「Pet's One ハムスター ホイール」を自主回収すると発表した。部品同士がうまくはまり合わない不具合があった。(2022/4/14)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズ×東急ハンズの未来編:
東急ハンズ、カインズとの「シナジーよりも大切なもの」 カインズ土屋会長が明かす
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、3月末に東急ハンズを買収したカインズの、土屋裕雅会長。土屋会長が明かす、東急ハンズへの思いや、経営論とは──?(2022/4/12)

顧客満足度向上は「システム」から始めよ:
PR:そのFAQで本当に解決できますか? 人手に頼ったカスタマーサポートから脱却を
顧客の購買行動がオンラインに移行する中、顧客ニーズの多様化や問い合わせ件数の増加などによってカスタマーサポート業務の逼迫(ひっぱく)が課題となっている。これを改善するにはどうすればいいのか。(2022/4/13)

プラネット調べ:
「花や緑が好きな人の割合」「自宅で育てている植物の種類」 4000人調査の結果は?
プラネットは、「園芸・花や緑のある生活に関する意識調査」を実施した。自宅での生活に花や緑を採り入れた人の理由で最も多かったのは「花や緑が好きだから」だった。(2022/4/9)

カインズ、東急ハンズの買収完了 店名・社名はしばらく「東急ハンズ」のまま
ホームセンター大手のカインズは3月31日、東急ハンズの買収を完了した。このタイミングでは「東急ハンズ」という社名や店名の変更は行わない。(2022/3/31)

ブルーオーシャンを突き進む:
時代と逆行して地方で勝負する「農家のコンビニ」コメリ ライバルの農協とも手を組むワケ
人口減などを背景に都市部マーケットの争奪戦が進む中、粛々と地方で勢力を拡大しているホームセンター「コメリ」。農家のコンビニともいわれる同社の強みとは。そして、市場を食い合うライバルの農協と提携を進める理由とは。(2022/3/30)

ワークマンのキャンプ用品、初心者と財布に優しい高機能なぜできた? 春夏新製品も登場
この価格で! と話題のワークマンキャンプギア。これからの季節用の「春夏モノ」から、年内発売予定という開発中モデルも要チェックです。(2022/3/20)

ニトリの利用実態調査 認知率は84.3%、利用経験率は?
アンケート調査ツールの開発などを行うスパコロは、全国の20〜69歳を対象に「利用実態調査 ニトリ編」の調査を実施した。その結果、ニトリの認知率は84.3%で、その中の8割(利用経験率68.8%)が実際にニトリを利用していた。(2022/3/22)

フィリップモリス、IQOS イルマ ワンを発売 シリーズ最安の3980円
エリア・店舗ごとに3月8日、9日、22日と段階的に発売される。(2022/3/8)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
モバイルバッテリー、どうやって処分する? 最近はどう呼ぶ? 気になったあれこれ
モバイルバッテリーなどの充電アクセサリで有名なAnkerがモバイルバッテリー無料回収キャンペーンを展開している。そもそも分かりづらいモバイルバッテリーの処分、どうすればいいの?(2022/3/7)

カップル・ファミリー向けも:
東京23区の中古マンション、価格相場が安い駅ランキング発表 シングル向け1位は?
リクルートは「東京23区の中古マンション価格相場が安い駅ランキング2022年版」を発表した。シングル向け3位は「新小岩駅」、2位は「北綾瀬駅」、1位は?(2022/2/28)

業種と業態の関係を考える:
「そごう・西武」の売却騒動は“必然”だった!? 成功する「企業コラボ」の法則に迫る
セブン&アイ・ホールディングスが傘下のそごう・西武の売却に向けて動いている。筆者は、「企業コラボ」の視点から今回の出来事は“必然”だったと指摘する。どういうことかというと……。(2022/2/28)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第6回】
アンダーアーマーが実践する“売ろうとせず、買いたくさせる”CX設計
直接的に購入を促すだけでなく、さまざまなメッセージでブランドの魅力を伝えることが、結果としてより強く顧客の関心を呼ぶことがある。こうしたエンゲージメントの深化に挑むアンダーアーマーから学ぶべきことは。(2022/2/17)

【期間限定】ジップロック×ディズニーの新作登場 ミッキー&フレンズがアウトドアを楽しむ爽やかデザイン
ミッキーたちと一緒にピクニック気分!(2022/2/12)

福岡県の「街の住みここち沿線ランキング」 3位「JR筑肥線」、2位「地下鉄空港線」、1位は?
大東建託は、福岡県の36沿線に居住する成人男女2万1358人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2022/2/10)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第5回】
ホームセンター大手が売り上げ増加に生かす「CX」向上施策とは?
従来型店舗とEコマースの融合でCXを向上させ、売り上げの増加を狙うHome Depot。DIY計画の策定支援から材料、工具の購入まで、顧客に寄り添った情報提供に注力する同社の取り組みとは。(2022/2/10)

犬「おいしいワン」 白柴ワンコの10歳のバースデパーティー、犬用ピザとケーキでご満悦なお顔がかわいい
ハッピーバースデートゥきなこちゃん♪(2022/2/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
熊本のアサリだけじゃない? いま、日本の国産ブランドが危ない理由
熊本県産あさりの「緊急出荷停止宣言」が発出された。その販売量は2485トンにものぼり、2020年の漁獲量21トンに対して100倍以上の水準となっていたという。今回の食品偽装事例が他の事件と一線を画すのは、一事業者の偽装というよりも地域ぐるみでの偽装である可能性が高いということだ。(2022/2/4)

【そんなことある?】店員がビビった、どう見ても死体処理セットな買い物のやらかし
これは犯行を疑っちゃうな……。(2022/1/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「東急ハンズ」はなぜ追い詰められたのか コロナ前からの“伏線”と、渋谷文化の衰退
東急ハンズ売却のニュースは大いに話題になった。追い詰められた背景には何があるのか。コロナ前からの“伏線”に迫る。(2022/1/27)

ニトリの背中も見えてきた:
新生ハンズが地方に大量出店? 「王者」カインズの東急ハンズ買収から見える、意外な未来
業績不振に苦しんでいた東急ハンズを、ホームセンター業界の王者・カインズが買収する。ニトリの背中も見えてきた同社は、かつて時代のトレンドを生み出してきたハンズをどう変化させるのか。(2022/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。