• 関連の記事

「メガネ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

【その視点はなかった】眼鏡やコンタクトを紛失したら「携帯電話のカメラ」が目の代わりになる 非常時役立つ知識が話題に
カメラに映ったものが手元で鮮明に見えるということは?(2022/1/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

CES 2022:
QualcommとMicrosoft、メタバースに向けてARメガネ用チップ開発で提携
QualcommはCESの基調講演で、MicrosoftとARメガネ用チップ開発で提携すると発表した。「両社はメタバースを信じている」。新チップは「Microsoft Mesh」と「Snapdragon Spaces XR」に統合していく。(2022/1/5)

JINSからポケモンとコラボしたメガネ登場 18匹のポケモンがモチーフに
2022年1月1日から販売します。(2021/12/30)

【あなたは知ってた?】メガネを作るときに掛ける“なんかメカっぽいメガネ”のちゃんとした名前
レンズ交換しながら「これだと見え方どうですか?」と聞かれるやつ。(2021/12/29)

Innovative Tech:
無表情だと誤解されがちな人向け「人工眉毛付きメガネ型デバイス」 7種類の感情を眉毛で支援
公立はこだて未来大学などの研究チームは、人工眉毛の形状が多様に変化することで表情を拡張する眼鏡型ウェアラブルデバイスを開発した。(2021/12/24)

Innovative Tech:
装着者の作り笑いを見抜く眼鏡型デバイス、慶應大やNTTが開発
慶應義塾大学大学院理工学研究科杉本研究室とNTTコミュニケーション科学基礎研究所による研究チームは、反射型光センサーアレイを使った眼鏡型デバイスによる自然な笑顔と、作り笑顔の2種類の笑いを識別手法についての研究だ。(2021/12/16)

“スカウター”みたいなARグラス、中国OPPOが発表 2022年に限定発売
中国OPPOが“スカウター”のような形のARグラス「OPPO Air Glass」を発表した。メガネのように掛けられるがレンズは右側のみ。(2021/12/14)

Innovative Tech:
鼻呼吸でスマホを操作 呼吸時の音で入力内容を区別するメガネ型デバイス、立命館大らが開発
立命館大学村尾研究室と科学技術振興機構「さきがけ」の研究チームは、鼻呼吸でスマートフォンなどを操作するメガネ型デバイスを開発。(2021/12/8)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

Zoff福袋「Zoff Lucky Bag 2022」はリサ・ラーソンとコラボ お値段以上の「メガネ券」と限定グッズがセットに
商品券でお得を実感できる。(2021/12/2)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

色覚障害を持つ少年が初めて色覚補助メガネをかけると…… 世界の色を見て涙をこぼす姿に心打たれる
どれほどの衝撃だったんだろう。(2021/11/30)

チンチラが最高の笑顔でメガネをガブリイッ! かわいい破壊神に「これは怒れない」「ツボった」と爆笑の声
いい笑顔だ。(2021/11/19)

Qualcomm、ARメガネ向け開発プラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」発表 Unity、Epic、Nianticなどに提供
Qualcommは、ARコンテンツ開発のためのプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」を発表した。UnityとUnreal Engine 4をサポートする。来年にはLenovoが開発キットを利用して開発するARメガネをリリースする計画だ。(2021/11/11)

センサー搭載メガネを掛けて2週間、肩こりが減った仕組みは 「JINS MEME」を2週間使って考えたこと
西田宗千佳さんがJINSのセルフケアメガネ「JINS MEME」最新モデルを買って使ってみた。その仕組みを解き明かす。(2021/11/5)

JINS MEME、集中力が常に最高の「ZONE」判定になる現象を修正へ
ジンズは、内蔵センサーでまばたきや視線の移動を計測できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の測定アルゴリズムを修正すると発表。専用スマホアプリの集中力を測定する機能で、最高レベルを示す現象を複数のユーザーから指摘されていた。(2021/11/4)

「JINS×イガリシノブ」メガネ、新作24種が一挙に登場 かけるだけでおしゃれな印象をプラスするアイウェア
かわいい名前にも注目です。(2021/11/4)

星野さんいないぞ!? “どん兵衛”新CMに「おいでやすこが」こがけん、あざといどんぎつねにメガネ曇らせ「オーマイガー」
うらやましい!(2021/11/1)

もしも人の幸福度が数値として見えたら……? 不思議なメガネの漫画が考えさせられる
見えるのは生まれてから死ぬまでに起こる幸と不幸を相殺して残るトータルの数値。マイナスだからといって現状が不幸とは限らない。(2021/10/30)

浜辺美波、“歯磨きメガネ”なパジャマ姿にみんなメロメロ 「彼女感すごくて可愛すぎる」「世界でいちばん」
かわいい、しかない。(2021/10/27)

腰痛予防にいいかも センサー搭載メガネ「JINS MEME」で自分の体を見る 月500円の価値はあるか
記者がメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」をレビュー。集中度や眠気などを可視化できる他、体のゆがみを明確に自覚できるデバイスで、将来は活用範囲の拡大も期待できる。(2021/10/22)

「ゲーミングメガネ」フレームだけ販売、バウヒュッテ 可変フレームでヘッドフォンをしても耳が痛くない
ヘッドフォンと一緒に装着しても耳が痛くならない「ゲーミングメガネ」にフレーム単体モデルが登場。参考価格は2万1000円(税込)。(2021/10/22)

機動戦士Zガンダム「百式」とのコラボメガネが登場 固定ファンに訴求
OWNDAYSは、「機動戦士Zガンダム」に登場するモビルスーツ「百式」をイメージしたメガネを発売した。(2021/10/20)

「クソメガネ」Twitterトレンド入り→大石昌良「僕はトレンドじゃないクソメガネです」 “じゃない方”を襲名してしまう
それにしてもすごいパワーワード。(2021/10/19)

メガネをかけるだけでチークをつけたような視覚効果を JINSが新レンズ「チークカラーレンズ」を発売
顔色をパッと明るく。(2021/10/16)

HTC、コンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を499ドルで予約開始
HTCはコンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を発表した。米国での販売価格は499ドル(約5万7000円)。コントローラは付属せず、Android端末で操作する。(2021/10/15)

志田未来、「現役にしか見えない」28歳の女子高生姿 “クセスゴ”で見せた演技に千鳥も「うまいなあ」
眼鏡ありもいいな。(2021/10/14)

Anker、通話もできるスピーカー付きメガネ「Soundcore Frames」を200ドルで発売
Anker Innovatonsはスピーカー付きメガネ「Soundcore Frames」を発表した。11月に北米などで発売する。価格は199.99ドル(約2万3000円)だ。(2021/10/14)

イノベーションのレシピ:
背骨の形が「見える」眼鏡、レントゲンいらずの姿勢矯正デバイスに医師も期待
「美姿勢メガネ」は眼鏡に後付けで搭載する小型デバイスで、着用者の背骨形状をリアルタイムで可視化する。従来、背骨の形はレントゲンなどでしか把握できなかったが、これを日常的に行えるようにする。デバイスの仕組みと開発目的を聞いた。(2021/10/15)

ウェアラブルニュース:
「JINS MEME」次世代モデルはセンサーを集約して小型化、着用感とデザイン改善
ジンズは2021年10月6日、まばたきや視線移動などの検知機能を搭載した眼鏡型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の新モデルを同月14日から発売すると発表した。(2021/10/11)

生まれて初めてはっきり見えたパパとママの姿 弱視の赤ちゃんがメガネをかけた瞬間に感動
見ているこっちもうれしくなる……!(2021/10/10)

新しくなった「JINS MEME」の新機能「VTUNER」が楽しそう メガネをかけるだけで誰でも美少女アバターに
公式アバターがかわいい。(2021/10/7)

たんぽぽ白鳥、メガネ&お下げ髪オフの“ママの顔”に反響 娘のお宮参りショットに「新鮮!」「テレビとは違う」
チェリーさんもパパの顔。(2021/10/7)

メガネ型デバイス「JINS MEME」に新モデル 小型軽量化で価格は半分 「テック好きでなくてもかけられるように」
ジンズが、メガネ型デバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)の新モデルを10月14日に発売する。「テック好きでなくてもかけられるように」として小型軽量化した他、デザインを一新。価格も旧モデルから値下げし、1万9800円で提供する。(2021/10/6)

Innovative Tech:
外部プロジェクターの映像をAR表示する眼鏡型デバイス 東工大などが開発
ARグラスは重くなりがち。その問題を解決する方法の1つが、外部から投影すること。(2021/10/5)

Innovative Tech:
メガネの鼻当てで個人を識別 スマートグラスやVRゴーグルのユーザー認証に活用
メガネの鼻当てからソナーのように音を発信する。(2021/9/30)

星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
いったい何事。(2021/9/27)

Webカメラのピントが合わない→意外なアイテムを使って解決 画期的かつカワイイ「老眼鏡をかけたカメラ」が話題
100円の老眼鏡が大活躍。(2021/9/21)

生まれつき視力が弱い赤ちゃんが、初めてメガネをかけて家族を見たら…… 最高の笑顔がはじけるリアクションに心が温かくなる
周りの家族のうれしさも伝わってきます。(2021/9/17)

偶然丸まった猫のヒゲをよく見ると…… 丸メガネを装着したような姿が「かわいい!」「おしゃれ」と話題に
おしゃれさんだ!(2021/9/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「戈」「戊」「戉」「戌」「戍」「成」
メガネ取ったら全部同じだわ(乱視)。(2021/9/12)

メガネスーパー、在宅療養者向けに使い捨てコンタクトレンズ無償提供など支援
(2021/9/10)

メガネをかけて初めて“クリアな世界”を見た赤ちゃん 驚きとうれしさが入り混じったリアクションをとらえた動画がすてき
興奮が伝わってきます。(2021/9/7)

Zoff×PEANUTS第2弾コレクションがやってきた! スヌーピーやチャーリー・ブラウンのモチーフが“さりげなかわいい”メガネです
おしゃれなメガネがたくさん!(2021/8/13)

メガネ民を脅かすあるある漫画 令和になっても無くならない“昭和な失敗”に「もうこの病院来れないじゃん!!!」
特にコンタクトと併用してる人にありがち?(2021/8/5)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
放射線防護用メガネ由来のサングラスがテレワークに向いている理由 「5G EGIS」はずり落ちない
今回取り上げるは「言語化しづらいけど面白いガジェット」はサングラス。当然ただのサングラスではありません。(2021/7/30)

大人から子どもまで:
JINSとSnow Peakがコラボ、アウトドアに最適なサングラスを発売
眼鏡チェーン「JINS」を運営するジンズは、スノーピークとコラボしたサングラス「JINS×Snow Peak」を発売。大人から子ども向けまで全4シリーズ6型18種で展開し、アウトドアシーンに最適なモデルとなっている。(2021/7/29)

8時間で1547本売れギネス世界記録に:
OWNDAYS、YouTuberヒカル氏とコラボしたメガネを全国販売
OWNDAYSは、人気YouTuberヒカル氏が展開するラグジュアリーブランド「ReZARD(リザード)」とコラボしたメガネの販売を始めた。(2021/7/22)

「Google Glass」法人向けモデルが日本でも 17万8000円で8月発売
米Googleの日本法人はメガネ型デバイス「Google Glass」の法人向けモデル「Glass Enterprise Edition 2」を8月10日から日本で提供する。メーカー希望小売価格は1台17万8000円(税込)。(2021/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。