• 関連の記事

「商業施設」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キッチンマルシェ:
JR大阪駅内の「エキマルシェ大阪」に新飲食店ゾーン 7月全館オープン
ジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」の第2期リニューアルエリア「キッチンマルシェ」を7月14日に開業すると発表した。(2022/5/18)

来場者数は累計で3億人:
スカイツリー10年、東武鉄道の「柱」に 人気の秘密は?
「東京スカイツリー」が22日で開業10周年を迎える。商業施設を含めた来場者数は累計で3億人を突破し、来場者らの鉄道利用を含む関連収入は通年にわたって業績に寄与。同社が総額1430億円を投じた巨大プロジェクトは収益の柱の1つとなった。(2022/5/17)

6月24日オープン:
北大路ビブレが「イオンモール北大路」にリニューアル 大型専門店や「ブック&カフェ」も誕生
イオンモールは、京都市の商業施設「北大路ビブレ」を「イオンモール北大路」に名称変更し、6月24日リニューアルオープンすると発表した。(2022/5/17)

ワイナリーや宿泊施設も:
富士山の麓、河口湖に商業施設「旅の駅 kawaguchiko base」 6月11日オープン
山梨県富士河口湖町に、物販やレストランを併設した商業施設「旅の駅 kawaguchiko base」がオープンする。ワイナリーや宿泊施設も順次オープンしていく予定。(2022/5/2)

プロジェクト:
広島市中心部の顔となる市民公園「NEW HIROSHIMA GATEPARK」が着工、大成建設ら
旧広島市民球場跡地整備等事業認定計画提出者は、旧広島市民球場跡地整備等事業の一環として、広島県広島市中区基町5 番地(中央公園の一部)で、商業施設とオープンスペースの工事に着手したことを2022年4月11日に発表した。なお、供用開始は、2023年3月末を予定している。(2022/5/2)

調理も配膳もロボットがやるレストラン「AI_SCAPE」 羽田イノベーションシティ内で開店
羽田空港近くの商業施設「羽田イノベーションシティ」内に、ロボットが調理から配膳まで行うレストラン「AI_SCAPE」がオープンした。(2022/4/21)

北関東初の店舗も:
群馬の商業施設「スマーク伊勢崎」がリニューアル 約3年半をかけ70%の大型店を入れ替え
東京建物とグループ会社のプライムプレイス(東京都中央区)は、群馬県伊勢崎市の商業施設「スマーク伊勢崎」の大規模リニューアルが4月28日に完了すると発表した。(2022/4/21)

NEWS
三井不動産が基幹システムを「OCI」に移行 採用の決め手は?
三井不動産は商業施設運営を支える基幹システムを「OCI」に移行した。当初は他のクラウドサービスへの移行を検討していたというが、最終的には何がOCI採用の決め手となったのか。(2022/4/20)

スペースワールドの跡地に:
福岡・北九州に全天候型の新アミューズメント施設「ASOBLE」誕生 “循環”をテーマにコンテンツ開発
アミューズメント施設を運営するワイドレジャー(福岡県小郡市)が、4月28日に開業する商業施設「THE OUTLETS KITAKYUSHU」内に全天候型のアミューズメント施設「ASOBLE(アソブル)」をオープンする。(2022/4/18)

初の3ブランド融合店:
銀座にダイソー旗艦店オープン 注目の商品から見えてくる販売戦略とは?
大創産業は4月15日、東京・銀座の商業施設「マロニエゲート銀座2」に「ダイソー」ほか3ブランド融合の旗艦店をオープン。銀座への初出店にはどんな狙いがあるのか。オープン前の内覧会を取材し、一押し商品から販売戦略を探った。(2022/4/14)

プロジェクト:
広島県で改装を手掛けた延べ7.9万m2の商業施設がオープン、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、広島県広島市西区で改装工事を進めていたショッピングセンター「ALPARK」の西棟が竣工し、2022年4月22日にリニューアルオープンすることを公表した。(2022/4/13)

ICT:
建物内の磁場分布を利用した新たな屋内位置測位システム、大成建設
大成建設は、スマートデバイスの内蔵センサーと建物固有の磁場分布を活用することで、無線通信機器を設置することなく、屋内での所在位置を高い精度で特定する位置測位システムを開発した。新システムは、空港や商業施設の誘導案内、医療施設における患者の見守りなど、人の位置情報を可視化し、建物利用者の利便性や安全性を向上させられる。(2022/4/13)

明治屋、恵比寿ガーデンプレイスに「恵比寿ストアー」開業 限定ハンバーグやスイーツ売り場を展開
明治屋(東京都中央区)は4月15日、東京都渋谷区の商業施設「恵比寿ガーデンプレイス」センタープラザ地下2階に「明治屋恵比寿ストアー」をオープンする。(2022/4/11)

ファーストリテイリング、ミーナ天神を23年春に全面リニューアル 大型商業施設に
ファーストリテイリングは2023年春、同社が運営する福岡・天神地区の商業施設「ミーナ天神」をリニューアルオープンする。隣接する商業施設「ノース天神」と一体化する全面改装工事により、ミーナ天神は、従来の約2.5倍の総売場面積6700坪を超える大型商業施設に生まれ変わるという。(2022/4/8)

オープンは4月9日:
ぐるなびが店舗開発事業に参入 鹿児島に「ぐるなびDining Park」がオープン
鹿児島に「ぐるなびDining Park」がオープンする。同社の店舗開発事業における1店舗の開業。鹿児島にゆかりのあるカフェなど、商業施設初出店の飲食店を誘致した。(2022/4/6)

地下鉄4路線と直結:
東京・赤坂に地上28階建てのオフィスビル 低層階には商業施設を誘致
積水ハウスと日本生命が溜池山王に新オフィスビルを共同開発する。環境に配慮した、感染症対策にも講じたビル実現を目指す。国内外の企業からのオフィス需要に応えていく。(2022/4/4)

29年度の開業予定:
JR三ノ宮駅に高さ約160メートルの“新駅ビル” 商業施設やホテルなど
JR西日本、UR西日本支社、神戸市がJR三ノ宮新駅ビルや三宮周辺地区の再整備に関する開発方針を発表した。新駅ビルの着工は2023年度、29年度の開業を予定する。(2022/4/1)

磯部孝のアパレル最前線:
“恐竜”が出迎えるイトーヨーカ堂の新フロアが面白い! エンタメは大型商業ビジネスの切り札となるか
住みたい街ランキングの上位にランクインしたこともある「武蔵小杉」にある商業施設「グランツリー武蔵小杉」。そこで今、子どもたちを夢中にさせている売り場がある。2021年11月に登場した「TOYLO PARK(トイロパーク)」だ。(2022/3/31)

品ぞろえも拡充:
世界最大規模「無印良品 広島アルパーク」オープン 初となる取り組みも
良品計画は4月22日、複合商業施設「ALPARK(アルパーク)」(広島市)内に、「無印良品 広島アルパーク」をリニューアルオープンする。世界最大規模の店舗。同店のコンセプトは「地域の皆さまとすこやかな暮らしをつくる」とした。(2022/3/28)

スタートアップ支援を強化:
下北沢に「遊ぶ×働く」をテーマにした新施設「ミカン下北」がオープン 高架下再開発の一環
京王電鉄は下北沢駅の高架下に新しい商業施設「ミカン下北」を開業する。「カルチャー」「遊び」の印象が強い下北に「Work(働く)」の要素を確立。新施設開業で、コロナで減った電車利用回復を見込めるか。(2022/3/29)

ファミリー層向けの施設を充実:
大和ハウス、千葉・流山に新商業施設「COTOE流山おおたかの森」 4月27日開業
大和ハウス工業が、千葉県流山市おおたかの森において開発中の複合商業施設「COTOE(コトエ)流山おおたかの森」を、4月27日にオープンする。(2022/3/8)

行政サービスも提供:
イオン九州、「イオン島原ショッピングセンター」を3月18日にオープン
イオン九州は、長崎県島原市に「イオン島原ショッピングセンター」をオープンする。食料品コーナーや専門店のほか、島原市初の商業施設内窓口となる「しまばらん窓口 とるっと」を設置し、行政サービスを提供する。(2022/3/7)

15店舗以上:
JR新橋駅にエキナカ商業施設「エキュートエディション新橋」 3月24日にオープン
JR新橋駅に、エキナカ商業施設「エキュートエディション新橋」がオープンする。30〜40代のビジネスパーソンをコアターゲットに、15以上の店舗がそろう。(2022/3/4)

4月28日に:
東京・亀戸に大型商業施設「KAMEIDO CLOCK」オープン 近隣住民の衣食住を支える
野村不動産株および、野村不動産コマースは、東京都・亀戸に商業施設「KAMEIDO CLOCK」を4月28日に開業すると発表した。(2022/3/2)

「完全にわなw」「全く鏡に見えない」 商業施設の鏡が罪深すぎる錯視状態を生み出し9万“いいね”
Twitterでバズったらまさかの展開に……!(2022/3/1)

3Dプリンタニュース:
アート作品の制作にUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタを採用
ミマキエンジニアリングは、同社のUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で制作されたアート作品が、商業施設「丸の内テラス」内にある会員制プライベートクラブ「OCA TOKYO」で展示されたことを発表した。(2022/2/24)

グランピング料理も提供:
ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」 カフェや雑貨店など6店舗がオープン
今春、東京ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」に6店舗がオープンする(2022/2/18)

屋号が復活:
名古屋・栄「丸栄百貨店」の跡地に新商業施設 「マルエイ ガレリア」3月オープン
大和ハウスリアルティマネジメントは、名古屋市の百貨店「丸栄」跡地で開発する商業施設の名称を「Maruei Galleria (マルエイ ガレリア)」に決定したと発表した。(2022/2/18)

13店舗が出店:
新橋駅に「エキュートエディション新橋」オープン エキナカ初出店の「伊勢角屋麦酒」など
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーが新橋駅の新たなエキナカ商業施設「エキュートエディション新橋」をオープンすると発表した。(2022/2/17)

プロジェクト:
船橋市に1万人収容のミクシィと三井不の新アリーナ、設計・施工は清水建設
千葉県船橋市に、収容1万人規模の大型多目的アリーナが2024年春に開業する。新アリーナの建設は、隣接地で大型商業施設「ららぽーとTOKYO−BAY」を運営する三井不動産と、プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」を傘下に持つミクシィが計画するプロジェクト。(2022/2/16)

コロナが変えた会社のカタチ:
小田急電鉄、徒歩圏内の暮らし充実目指した「下北線路街」計画 コンセプトは?
新型コロナウイルスの感染拡大で、生活の中心が自宅周辺となり、最寄りの商業施設などの関心が高まっている。(2022/2/13)

スーパーマーケットの導入も予定:
イオンモール、自由が丘のピーコック跡地に商業施設 2023年秋開業予定
イオンモールは2月7日、「ピーコックストア自由が丘店」跡地に、新たな商業施設「(仮称)自由が丘二丁目計画」を出店すると発表した。(2022/2/7)

阪急・阪神電車の無料Wi-Fiサービス「HH cross Wi-Fi」が沿線全駅で利用可能に 2月1日から
大阪梅田エリアの商業施設でもエリアが広がりました。(2022/2/1)

3月3日に:
阪神電鉄、商業施設「甲子園プラス」をオープン 甲子園球場に直結
阪神電気鉄道は、商業施設「甲子園プラス」を3月3日に開業すると発表した。甲子園エリアの活性化に取り組んでいく。(2022/1/26)

4月下旬オープン:
広島に“世界最大”の無印良品 改装中の商業施設「アルパーク」に出店
大和ハウス工業は、大規模改装工事を進めている広島市西区のショッピングセンター「ALPARK」西棟に、世界最大の無印良品を出店すると発表した。(2022/1/24)

“他人の家”の車庫に停める「駐車場シェア」が人気の理由 コロナ禍で思わぬニーズ発掘も
個人宅や商業施設などの使われていない駐車場を貸し借りする「駐車場シェアリング」の人気が高まっている。借り手は事前にスマートフォンのアプリで駐車場を予約することができ、駐車料金が従来型のコインパーキングより割安になることも多い。市場参入が相次ぐ中、日本でのサービス導入の先駆け的存在である「akippa」の会員数は昨年末に250万人を突破した。車で出かけた際に目的地近くに着いてから駐車場の「空」標示を探すといったストレスを解消できるとあって、一層の市場拡大が見込まれている。ここ数年は新型コロナウイルス禍による経済活動や生活の変化も追い風になっているもようで、事業者側も思わぬニーズの発掘に驚きを隠せない様子だ。(2022/1/24)

3月30日に開業:
下北沢駅の高架下に商業施設「ミカン下北」がオープン、19店舗が決定
京王電鉄は、下北沢駅の高架下で開発を進めている施設「ミカン下北」の開業日を3月30日とし、出店する19店舗を決定した。(2022/1/22)

プロジェクト:
野村不動産らが東京・六本木で商業施設を開業、店舗情報の伝達にNFCを活用
野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で、商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日にオープンした。GEMS 六本木は、来館者への店舗情報の伝達手段として「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」を活用し、エントランスのプロジェクションマッピングでは街との一体感を醸成している。(2022/1/21)

台湾で3施設目:
三井不動産、台湾南部に「三井アウトレットパーク 台南」をオープン
三井不動産は、台湾で3施設目、台湾南部には初進出となる商業施設「三井アウトレットパーク 台南」を2月25日にグランドオープンする。初出店34店舗、日系ブランド47店舗を含む約190店舗が集結する。(2022/1/13)

フィットネスクラブも:
寺田町駅に商業施設「VIERRA寺田町」がオープン、ドンキ「108円総菜」を展開
JR西日本不動産開発は1月7日、寺田町駅高架下に商業施設「VIERRA寺田町」をオープンすると発表した。1階にドン・キホーテ、2階にフィットネスクラブ「HEAT24」がオープンする。(2022/1/9)

今春を予定:
GINZA SIXが開業5周年、「DIOR」の期間限定ショップなど19店舗がオープン
銀座の商業施設「GINZA SIX」は、開業5周年を記念して新店舗をオープン。4〜5階フロアを中心に、旗艦店6店を含む19店舗が入店する。(2022/1/7)

(仮称)八王子インターチェンジ北:
イオンモール、東京・八王子に「次世代スーパー」 2026年開業予定
イオンモールは、東京都八王子市に同グループ初となる次世代型複合商業施設「(仮称)八王子インターチェンジ北」を出店すると発表した。(2021/12/24)

PCディスプレイ常設の喫茶店、横浜・みなとみらいに誕生
横浜のみなとみらいに「ディスプレイモニタの多い喫茶店」が誕生した。みなとみらい駅直結の商業施設「マークイズ」内に位置する。モニターを利用するビジネスパーソンの利用を見込む。(2021/12/16)

「ホテルガチャ」に900人の大行列、整理券配布を前倒し 東武は「好評だったので次回以降も検討する」
東武鉄道が12月16日に発売した「ホテルガチャ」を求め、東京スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」に早朝から長い行列ができた。(2021/12/16)

常時50体以上を展示:
バンダイ、秋葉原に“景品用フィギュア”の展示スペース 狙いは?
バンダイスピリッツが12月18日、東京・秋葉原の商業施設に、アミューズメント専用の景品フィギュアを展示する「BANPRESTO LAB」をオープンする。(2021/12/13)

「実証実験」の結果:
無人販売のキモは? シャポー船橋でパンを販売して、分かってきたこと
無人販売が増えてきた。冷凍ギョーザや古着などを販売しているわけだが、筆者が気になっていることが一つある。いずれも店舗を構えていて、そこで商品を販売していることだ。商業施設の中で無人販売をしているところがないのか調べたところ……。(2021/12/8)

三井不動産、柏の葉スマートシティに新たな2つの商業施設 オフィス空間も併設
三井不動産が、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)の重点開発エリアである「イノベーションキャンパス地区」に、2つの複合商業施設をオープンした。(2021/12/6)

プロジェクト:
耐火木造とS造を組み合わせた12階建ての商業施設が東京・銀座で竣工、ヒューリック
ヒューリックは、商業施設「HULIC&New」シリーズの第7弾として開発を進めていた商業施設「HULIC&New GINZA 8」が竣工したことを公表した。そして、同社が2020年10月に発行した債券「サステナビリティ・リンク・ボンド」の「サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPTs)」で掲げていた目標の1つ「2025年までに銀座8丁目開発計画で日本初の耐火木造12階建て商業施設の竣工」を達成した。(2021/12/2)

「サンストリート亀戸」跡地に:
東京都・亀戸に商業施設「KAMEIDO CLOCK」がオープン 2022年4月末から
野村不動産と野村不動産コマースは、東京・亀戸に新しい商業施設「KAMEIDO CLOCK」をオープンすると発表した。地域課題の解決やコミュニティの誕生など周辺地域の活性化を狙う。(2021/11/30)

今冬に:
阪急宝塚駅の周辺に商業施設がオープン 家電量販店とBMWが出店予定
宝塚大劇場北側の国道176号線沿いに商業施設を開発する阪急電鉄と阪急阪神不動産は、家電量販店「Joshin宝塚店」とカーディーラー「Hanshin BMW宝塚支店」がオープンすると発表した。旧宝塚ファミリーランド跡地を開発し、駅周辺エリアを盛り上げる狙いがある。(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。