• 関連の記事

「牛丼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牛丼」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
すき家は増収、吉野家は減収のワケ コロナ禍後、V字回復する外食チェーンは?
コロナ禍によって、外食産業の市況は大きく変化した。この記事では、大手外食チェーンに着目して現状を整理し、今後の見通しを予測する。V字回復や持続的な成長が見込める企業と、その理由とは?(2022/8/9)

「出前館」でウルトラ半額祭実施! 過去最大9400店舗で牛丼やピザなどの値段が50%オフ
(1)8月5日から8月7日、(2)8月19日から8月21日の2回にわたって行われます。(2022/8/1)

松弁デリバリーでポイント2倍キャンペーン開催 8月31日まで
松屋フーズの弁当宅配サービス「松弁デリバリー」が、7月11日から東京や神奈川などの対象店舗を順次拡大。これを記念し、7月23日〜8月31日に「松弁ポイント2倍キャンペーン」を開催する。(2022/7/25)

かつやユーザーが他に検討する飲食店 2位は「松屋」、1位は?
 ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロ(東京都港区)は、東京都在住の15〜69歳を対象に行った「利用実態調査 かつや編」の結果を発表した。1年以内にかつやを利用する時に「他に候補としてあがる飲食店」はどこかを聞いたところ、1位は「吉野家」(11.8%)だった。(2022/7/30)

外食チェーン初:
吉野家、「トクホの牛丼の具」発売 食後の血糖値上昇をおだやかに
吉野家が、特定保健用食品の許可を獲得した冷凍牛丼の具「トク牛サラシアプレミアム」を7月11日より販売開始した。(2022/7/12)

吉野家でトクホの牛丼の具を販売 外食チェーン初のトクホは構想8年、申請から4年
食事から摂取した糖の吸収を減らす特定保健用食品許可取得商品を7月11日より販売開始。(2022/7/11)

「すさまじいライフハック」 バスのハンドルに「すき家」のテイクアウト容器がぴったりハマりすぎると話題に
機内食に見えるような気もする。(2022/7/7)

再販の可能性も:
吉野家、「親子丼」の販売“一旦終了” 再販も? 元常務の「生娘をシャブ漬け」発言乗り越え、350万食販売
吉野家が「親子丼」の販売を終了すると発表した。2012年に販売していた商品を、10年の開発期間をかけて復活させ、4月に販売を開始していた。親子丼について吉野家は「食材がなくなり次第、販売を終了する」としている。(2022/6/23)

吉野家の親子丼が終売へ 「レギュラーじゃなかったの?」「まだ食べ足りない」と惜しむ声
販売総数は350万食達成。食材がなくなり次第終了とのことです。(2022/6/23)

吉野家が出題した「間違い探し」が難しすぎる 違うところは3つ これで難易度が★★☆☆☆だと?
見てるとお腹すいてくる。(2022/6/22)

“招待ポイントですき家連続通い”のマナリスさん、ついに1000日に到達 「絶対本当の最終回まで頑張りたいと思います!」
ポイントはまだまだ増え続けています。(2022/6/19)

“めちゃくちゃ自己主張高いすき家”が想像の10倍激しい自己主張ぶりで人気に どうしてこうなったのかすき家に話を聞いた
実は地理的な理由がありました。(2022/6/9)

厳しい声:
「上級幹部社員のテロだ」株主から批判噴出 吉野家HD総会
吉野家ホールディングスは26日、東京都内で定時株主総会を開いた。傘下の牛丼チェーン、吉野家では最近、女性蔑視発言をした常務の解任や、外国籍と判断した大学生の採用説明会への参加拒否といった、企業体質に疑念を持たれかねない問題が相次いで発覚。出席した株主によると、総会では出席株主から厳しい声が続出した。(2022/5/27)

松屋から「チーズ牛めし」「キムチーズ牛めし」発売 人気の裏メニューがついに新メニューとして登場
食べてみたい!(2022/5/26)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ【5月22日最新版】 最大全額や30%還元が続く
2022年5月22日〜30日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは最大全額還元の「ペイペイジャンボ」を実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイメントは松屋やポプラなどで全額還元する。(2022/5/22)

松屋、蟹と卵の「プーパッポンカレー」発売 狙いは?
松屋フーズは、5月24日に「松屋」でタイ名物「プーパッポンカレー」を発売する。タイ王国の蟹と卵のカレーを、日本のお米に合うように松屋流にアレンジした新メニューとなる。(2022/5/20)

松屋から蟹と卵のカレー「プーパッポンカレー」発売 名物タイ料理を日本のお米に合うようにアレンジした逸品
おいしそう……!(2022/5/19)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ【5月15日最新版】 30%や全額還元が目白押し
2022年5月15日〜23日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは最大全額還元の「ペイペイジャンボ」を実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイメントは松屋やポプラなどで全額還元する。(2022/5/15)

楽天ペイのポイント全額還元キャンペーン 5月は「ほっともっと」「松屋」などが対象
楽天ペイメントは、5月31日まで「お買い物したその場で結果がわかる!楽天ペイチャンス」を開催。対象店舗の支払いに楽天ペイのコード/QR払いを利用すると、抽選で最大10万ポイントを還元する。(2022/5/11)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
吉野家は、飽和する国内市場でなぜ郊外と女性に目をつけたのか?
今回取り上げるのは吉野家ホールディングスです。牛丼チェーンの吉野家を中心に展開していて、それ以外にも大きなチェーンでははなまるうどんもこの吉野家グループの企業です。最近は本業以外の部分でも話題になることが多い吉野家ですが、今回はそんな吉野家の現状と今後について考えていきましょう。(2022/5/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ吉野家は「炎上3連チャン」をやらかしたのか わずか1カ月半の間に
お客様相談室長、常務取締役、採用担当者――。吉野家の炎上が止まらない。わずか1カ月半の間に、なぜ「3連チャン」をやらかしたのか。その背景に何があるのかというと……。(2022/5/10)

該当者には“おわびメール”送付:
吉野家、外国籍学生の就職説明会“排除”で謝罪 理由は「就労ビザ」 参加拒否の学生、他にも多数
外国籍の学生に対し、国籍を理由に自社の企業説明会への参加を拒否していたとして、吉野家が謝罪した。同社は拒否した理由について「(外国籍の学生は)就労ビザの取得が困難。ビザを取得できず過去に内定を取り消したケースがあったため」と説明している。(2022/5/10)

米国人「日本のマックに行ったら牛丼しか置いていなかった」 その理由を収めた写真に「これは間違える」「仙台だ……」
ちょっとしたトラップ。(2022/5/9)

専門家のイロメガネ:
吉野家、ミスターチーズケーキ、牛宮城、食品表示で炎上が絶えない根本原因
元雨上がり決死隊の宮迫博之さんの焼き肉店で、メニュー表記をめぐってトラブルが発生し、大きく報道された。高級チーズケーキを販売するMr. CHEESECAKEでもTwitterでの炎上騒ぎがあった。表示をめぐる問題はたびたび発生しているが、一度発覚すると企業のブランドを大きく損なう。企業はどうすればいいのか。(2022/4/29)

祝! 毎日ごろチキが食べられる日々!!! 松屋の「ごろチキ」が期間限定→通常メニューに昇格
キタァァァァァァァ!(2022/4/28)

「生娘をシャブ漬け戦略」が生まれた背景は:
吉野家元常務の舌禍事件から考える マーケティング業界の病巣とシニア権力を持ち続けるリスク
「生娘をシャブ漬け戦略」という破廉恥ワードはなぜ生まれたのか。背景にはマーケティング業界の問題と、シニア世代の価値観があると筆者は指摘する。(2022/4/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バイトテロ」ならぬ「上層部テロ」で炎上の吉野家、それでも株価は上がり続けるワケ
吉野家では「バイトテロ」から一歩進んで、「上層部テロ」が脅威となっているようだ。しかし、吉野家は複数の炎上を経ても株価が下落するどころか、むしろ上がっているのだ。(2022/4/22)

吉野家の新メニュー“親子丼”に「売り切れだった」報告相次ぐ 吉野家広報「販売状況によっては売り切れる可能性」
炎上騒動が思わぬ形で後押しに……?(2022/4/21)

「親子丼」発売:
吉野家イメージ回復の秘策 森永卓郎氏「女性のみに向けたおわびはかえって批判」
元常務の「生娘シャブ漬け」発言で大炎上した牛丼チェーン、吉野家。騒動のなかで、開発に10年をかけた新商品「親子丼」(並盛437円)の発売が始まった。イメージを回復させて女性客を増やすことはできるのか。(2022/4/21)

波紋広がる:
吉野家常務の「生娘シャブ漬け」発言  「当社との契約関係は一切ございません」と“破門状”も
早稲田大学の社会人向け講座で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言し、牛丼チェーン、吉野家の常務を解任された伊東正明氏(49)。19日にはコンサルティング大手、アクセンチュアなど2社の契約も解除された。「マーケティングのプロ」ともてはやされた伊東氏だが、関係していた企業が切り離しを急いでいる。(2022/4/21)

アクセンチュア、「生娘をシャブ漬け戦略」発言の吉野家元常務との顧問契約解除 「誠に遺憾」
アクセンチュアは、不適切発言したとして吉野家の常務取締役を解任された、伊東正明氏との契約を解除したと発表した。同社は2021年7月から伊東氏をマーケティング分野の社外アドバイザー(顧問)に起用していた。(2022/4/20)

余波が収まらない:
吉野家常務“暴言”の代償 株価急落、「最悪のマーケティング」に
牛丼チェーン大手「吉野家」の常務が、若者を狙ったマーケティング戦略で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言した余波が収まらない。外資出身のエリート常務の暴言は「最悪のマーケティング」となった。(2022/4/20)

吉野家“生娘シャブ漬け戦略”の謝罪文、渦中の常務本人が作成者に 理由を聞いた
吉野家は、若者へのマーケティング戦略について「生娘がシャブ漬けになるような企画」などと表現した伊東正明常務取締役を「解任したと発表した。発言を巡っては吉野家が18日に自社サイトに掲載した謝罪文の作成者が「Ito Masaaki」だったこともTwitter上で話題になっている。(2022/4/19)

吉野家常務の「生娘をシャブ漬け戦略」発言 講座主催者の早稲田大も謝罪 「再発防止に努める」
吉野家の伊東正明常務が早稲田大学の社会人向け講座で若手女性向けの自社戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」と表現した問題で、早稲田大が「講座主催者として深くお詫び申し上げます」と謝罪した。同大は「再発防止に努める」としている。(2022/4/19)

吉野家、「生娘シャブ漬け戦略」発言の役員を解任
「人権・ジェンダー問題の観点から到底許容することの出来ない職務上著しく不適任な言動があったため」として、18日付けで解任したと報告しています。(2022/4/19)

吉野家が問題発言の役員を解任 「当社と同氏との契約関係は一切ございません」
吉野家ホールディングスは4月19日、同社執行役員で吉野家常務取締役の伊東正明氏を解任したと発表した。18日に開催した臨時取締役会で決議した。(2022/4/19)

吉野家、開発期間10年の「親子丼」発売 幹部の「生娘をシャブ漬け戦略」発言でPR自粛
吉野家が「親子丼」の販売を全国の店舗で始めた。2012年に販売していた商品を、10年の開発期間をかけて復活させた。ただ、伊東正明常務の外部講演会での不適切発言を受け、広報活動を自粛。同日に予定していた発表会も中止した。(2022/4/19)

スピン経済の歩き方:
「生娘をシャブ漬け戦略」で大炎上! なぜ吉野家の役員は“暴言”を吐いたのか
吉野家の常務取締役企画本部長が、女性向けマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」などと表現して、大炎上している。それにしても、なぜ大手企業の役員がこのような“暴言”を吐いたのだろうか。筆者の窪田氏は……。(2022/4/19)

「処分を含め厳正に対応」 吉野家、取締役の「生娘をシャブ漬け戦略」発言で見解
吉野家の常務取締役が早稲田大学の社会人向けマーケティング講座で不適切発言した問題で、同社は取締役の処遇について「本件を受け、 社内規定に則って当人への処分を含め厳正に対応を進めていく」と明らかにした。(2022/4/19)

吉野家、取締役の不適切発言で謝罪 若手女性向け自社戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」
吉野家が常務取締役が外部の講演で不適切発言をしたとして謝罪した。同社はユーザーや講演会の受講生に対して「多大なるご迷惑とご不快な思いをさせ、深くお詫び申し上げる」と陳謝している。(2022/4/18)

吉野家役員の「生娘シャブ漬け戦略」発言、早稲田大学も謝罪 「当該講師に講座担当をやめていただくことを含めて検討中」
受講者には責任者からその場でお詫びも伝えていたとのこと。(2022/4/18)

吉野家役員の「生娘シャブ漬け戦略」発言に「マジで許せない」「信じられないひどさ」と怒りの声 → 吉野家「極めて不適切」と謝罪
早稲田大学の社会人向け講座での発言が物議を醸していました。(2022/4/18)

4月20日から:
すき家が「うな丼」「うな牛」の販売開始へ 10回検査で安全性を確認
すき家は、「うな丼」「うな牛」を4月20日午前9時から販売する。日本人に親しまれている伝統食うなぎを使用した商品を投入することで、売り上げの拡大を狙う。(2022/4/14)

中期経営計画も発表:
吉野家HDが増益 「冷凍牛丼の具」好調、ドラッグストアの「牛丼弁当」販売拡大
吉野家ホールディングスが2022年2月期の連結決算を発表。テークアウトやデリバリーへの対応を進めた。中期経営計画も発表した。(2022/4/14)

最大10万ポイントが当たる5月の「ペイペイジャンボ」 対象加盟店は松屋、さとふるなど
PayPayは、5月10日〜5月29日に最大で10万ポイントが当たる「ペイペイジャンボ」を開催。対象加盟店は松屋、さとふる、アーバンリサーチオンラインストアなど。(2022/4/11)

責任は経営者にあり:
なぜ吉野家とスイス時計は“大混乱”に陥ったのか いまだにこんなことが起きる背景
吉野家のヘビーユーザー向けに、オリジナル名入り丼がもらえるキャンペーンが炎上。スウォッチがオメガとコラボした特製モデルを発売したところ、大混乱に。なぜこんなことがいまだに起こるのだろうか。(2022/4/6)

PayPayアプリに「吉野家」のテークアウト予約機能 「松屋」に続き
「PayPay」アプリに「吉野家」のお弁当テークアウト予約機能を追加。お弁当を注文、PayPay残高で決済すると全国1200店舗の吉野家で受け取れる。(2022/4/4)

「PayPay」ミニアプリで吉野家のお弁当テークアウトが利用可能に
「PayPay」のミニアプリで、吉野家のお弁当テークアウトが利用可能に。アプリ内にある「吉野家テイクアウト」のアイコンから注文と支払いができ、全国約1200の吉野家の店舗で受取できる。(2022/4/4)

povo2.0が「#ギガ活」の対象店舗/サービスを追加 松屋や三代目鳥メロなど14ブランド
KDDIは、povo2.0の「#ギガ活」の対象店舗/サービスを順次追加。松屋や三代目鳥メロなど14ブランドが対象となる。(2022/4/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。