検索
ニュース

IoTエンドデバイス向けRTOSをオープンソースで、プロジェクト「Zephyr」

The Linux FoundationがIoTデバイス向けのRTOS開発プロジェクト「Zephyr Project」を発表した。インテルやNXP、シノプシスらが既に賛同、オープンソースで“小さなRTOS”の開発を進める。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 The Linux Foundationは2016年2月17日(米国時間)、IoTデバイス向けのRTOS開発プロジェクト「Zephyr Project」を発表した。Intel(Altera含む)、NXP Semiconductors(Freescale含む)、Synopsys、UbiquiOS Technologyといった企業が参加を表明しており、IoTデバイスに向けた“小さなRTOS”の開発を進める。

 プロジェクトでは開発するRTOSを「データ取得システムや製造プラントなど、時間要件の厳しい機器で勝るリアルタイムLinuxを補完するもの」と位置付けており、モジュール性とセキュリティ性の両立を図るため、RTOSをそのまま利用するか、カスタマイズするかを自由に選択できる仕様とする。

Zephyr Projectによる紹介映像

 既にZephyr ProjectのWebサイトではv1.0.0のカーネルが提供されており、「Arduino 101」「Arduino Due」「Galileo Gen 2」「NXP FRDM-K64F Freedom Board」の各プラットフォームをサポート。ネットワークについてはBluetooth/Bluetooth LE及びIEEE 802.15.4などから対応していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る