検索
連載

Google「Project Brillo」はどこまでApple「HomeKit」と派手に戦う?IoT観測所(12)(3/5 ページ)

Google「Project Brillo」はApple「HomeKit」の対抗馬と目される、家庭向けIoTプラットフォームであり、まだ不明点が多いものの対象の重複はほぼ間違いない。先行するHomeKitに対しどれだけ派手に戦う気か、考察する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 具体的なリリーススケジュールとして、2015年第3四半期中にディベロッパープレビューを、WEAVEについては現在ドキュメントを作成中であり2015年中にフルスタックをリリースする予定であるとされた(Photo08)。講演の最後に「初めてM2Mの包括的なソリューションを提供する事ができた」と締めくくって、Project Brilloに関する説明を終わらせた(Photo09)。

photo
Photo08 既にWeaveは開発者と作業中、との話であった
photo
Photo09 これまでもThreadの様に、Googleが協力しているIoT向けの規格は存在するが、Project Brilloは全面的にGoogleが取り組む初めての規格となる

 さて、極めて簡単にGoogle I/O 2015の当該部分についてご紹介した。この基調講演そのものはYouTubeにアップロードされている。映像を見ると、開始37分ごろから44分ごろまでの、実質6分少々の説明であり、あまり深い話は説明されていないことが確認できる。

 またProject Brilloの開発者ページProject Brilloにも詳細は一切なく、これ以上の話は開発者登録の必要がある。ということで、ここまでの話をベースにもう少し詳細について解説してみたいと思う。

Google I/O 2015 - Keynote Project Brilloに関する説明は開始37分ごろから44分ごろまでの、実質6分少々にすぎない

関連キーワード

Project Brillo | IoT | Google | Android | HomeKit | Google I/O


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る